山形県にある高木酒造が生み出した「十四代(じゅうよんだい)」。非常にファンが多く、プレミア度の高い日本酒です。

お酒を買取りに出すと、ワインやブランデー、ウイスキーなど一部の洋酒以外はさほど高く買い取ってもらうことができません。
しかし、そんな洋酒と唯一対抗できる和酒がこの十四代です。

興味がない人は全くチンプンカンプンかもしれませんが、「高く買い取ってもらえる」ということは知っておいた方がいいでしょう。

十四代ブランドの最高峰「龍泉」

十四代にも複数の銘柄があり、それぞれプレミア度が異なってきます。
ということは、買取り価格も異なってくるということ。

「龍泉」はその中でも特に高く買い取ってもらえる銘柄です。最低でも10万円は超えてくるでしょう。
相場は、製造年にもよりますが20万円弱。保存状態が良いものであれば20万円以上の値がつく日本酒です。
より高額の買取りを狙うのであれば、箱も用意しておきたいところ。全ての付属品が揃っているだけでもかなり買取り価格が異なってきます。
20万円以上で買い取ってもらうためには付属品は必須です。全て揃えて所有している人も少ないかもしれませんが、もし持っていれば早めに売却を検討した方が良いのかもしれません。

龍泉ほどではありませんが、「白雲去来」と「龍月」、この2つも十四代の中ではかなり高額、つまり、日本酒の中でもトップクラスの買取り価格になるお酒です。
だいたい5万円から10万円の間で取引され、これも状態が良ければ8万円から10万円程度で買い取ってもらえるでしょう。
10万円超えも不可能ではない高価買取り商品の一つですから、これらも持っていたら早めに売った方が高い値がつきそうです。

画像出典:https://item.rakuten.co.jp/mituwa/587692/

ミドルクラス以下の銘柄の買取価格は?

そして「双虹」や「七垂二十貫」、これらもお酒の買取り業者が喉から手が出るほど欲する逸品。
5万円から7万円ほどの価格がつく日本酒です。
ちなみに七垂二十貫でこの価格がつくのは1800mlのもの。720mlのものも高価買取りが期待できますが、価格は半分ほどとなります。

十四代の中で高価買取り品となるのはおそらく上で挙げた銘柄たちとなるでしょう。
その他の銘柄に関しては、洋酒と比べると少し劣るかもしれませんが、それでも数万円で買い取ってもらえる商品は多数あります。すでに触れていますが「七垂二十貫」の720mlは2万円から3万円、同じくらいの価格帯となるものには「龍の落とし子」、「極上諸白」、「秘蔵酒」、「酒未来」などがあります。

1万円を超えるものはさらに多くの銘柄がありますが、十四代に関しては、その多くが1万円を超えると考えておいて問題ありません。

それだけ価値のある日本酒、十四代。
プレミア度が高いと今知ったことでそれを飲む選択をとるのか、それとも売るのかは自由ですが、もし今までその価値を知らなかったのであれば、買取りに出した方がきっと大きな満足感を得ることができるでしょう。